<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

プロフィール

加瀬恵の実

■場所 
東京都港区(最寄り駅:JR品川駅)
■好きなたべもの
ベジタリアンです。
主食は、プラーナ。

アーユルヴェーダ・トリートメントを中心にして、必要な癒しが起こるようサポートさせていただいております。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

東京都生まれ。青山学院大学経営学部卒。
1984年、現在の(株)船井総合研究所に入社。 
船井幸雄会長がスピリチュアルな時代の基礎を築く時期に、
社長秘書としてサポートさせて頂いた。

25歳頃からマクロビオティック食事法を実践。
そのお陰で大病はしなかったが、第二子の流産をきっかけに、
生来の虚弱体質・消化吸収不良を改善したいと願い、
真剣にアーユルヴェーダを実践するようになる。

インド・アーユルヴェーダ医師の講演通訳やサポート、
および天才シタール奏者 故チャンドラカント・サラデシュムク博士の
ミュージックセラピー等を数年間サポートした経験がある。

現在、アーユルヴェーダ・トリートメントによる癒しを『ヒーリングスペース・ムニ』で提供している。

毎年、リシケシのヘマドリ・アーユルヴェーダセンターへ、パンチャカルマ・ツアーを企画実施している。

---------------------------------

アーユルヴェーダを実践し始めたそのときは、日常生活で白湯を飲むことから始まりました。
あれから10数年たちますが、労せずしてアーユルヴェーダ的生活を送ることが日常になっています。

仕事も忙しく厳しかったのですが、定期的なアーユルヴェーダ・トリートメントを受け続けたことで、ずいぶん助けられてきました。
ほとんど病気もせず、ベストコンディションで仕事を続けてこれたのは、トリートメントの御陰様だと感じています。

ちょうど雇用主が2011年12月に亡くなり退職したことがきっかけとなり、せっかくフリーの立場になったので、今まで大きな恩恵を受けたアーユルヴェーダ・トリートメントを、今度は他者にしてあげたいという想念がやってきました。

2012年2月4日から11日まで、日本の繁栄と世界平和を祈願して、インド・チェンナイからの祈祷と同調同時の祈りに没入したあと、アーユルヴェーダ・スクール集中講座を受け、無事セラピストの認定修了証を頂きました。
こんなにスムーズに進むのも、自然の支援があってこそと感謝しております。


このページの先頭へ